レベル 保護具選定に係る管理区域 保護具の区分
1 第1管理区域 呼吸用保護具:防じんマスク
 または電動ファン式呼吸用保護具(PAPR)
●作業着等:粉じんの付着しにくい作業着、保護衣
●安全靴
●保護帽(ヘルメット)
●保護衣、保護靴、安全帯、耐熱服、溶接用保護メガネ等は作業内容に
  応じて適宜使用すること
2 第2管理区域 呼吸用保護具:防じん機能を有する防毒マスク
 またはそれと同等以上の性能を有する呼吸用保護具
●保護衣:密閉形防護服(JIS T 8115 耐水性のもの)
  なお、耐水性のものとは、通常作業で耐水圧1,000mm以上を目安とし、
  直接水に漏れる作業については、耐水圧2,000mm以上を目安とするこ
  と。以下同様。
●保護手袋:化学保護手袋(JIS T 8116)
●安全靴または保護靴
●作業着等:長袖作業着、長袖ズボン、ソックス、手袋等
  (これらの作業着等は綿製が望ましい。)
●保護帽(ヘルメット)
●保護靴、安全帯、耐熱服、溶接用保護メガネ等は作業内容に応じて
  適宜使用すること
3 第3管理区域、又は保護具選定に係る汚染状況が判明しない ●呼吸用保護具:フレッシャデマンド形エアラインマスク(JIS T 8153)又は
  フレッシャデマンド形空気呼吸器(JIS T 8155)(面体は全面形面体)
●保護衣:密閉形防護服(JIS T 8115 耐水性のもの)
●保護手袋:化学防護手袋(JIS T 8116)
●保護靴:化学防護長靴(JIS T 8117)
●作業着等:長袖作業着、長袖ズボン、ソックス
  (これらの作業着等は綿製が望ましい。)
●保護帽(ヘルメット)
●安全帯、耐熱服、溶接用保護メガネ等は作業内容に応じて適宜使用
  すること
4 高濃度汚染物を常時直接取り扱う ●保護衣:送気形気密服(JIS T 8115 タイプ1c)、
 自給呼吸器内装気密服(JIS T 8115 タイプ1a),
 及び自給呼吸器外装気密服(JIS T 8115 タイプ1b)
●保護手袋:化学防護手袋(JIS T 8116)
●保護靴:化学防護長靴(JIS T 8117)
●作業着等:長袖作業着、長袖ズボン、ソックス
  (これらの作業着等は綿製が望ましい。)
●保護帽(ヘルメット)
●安全帯、耐熱服、溶接用保護メガネ等は作業内容に応じて適宜使用
  すること